タグ「マシニング加工」が付けられているもの

PPS樹脂3次元加工品

【PPS樹脂3次元加工品】
PPS樹脂3次元加工品
【PPS樹脂3次元加工品】
PPS樹脂3次元加工品

PPS樹脂3次元加工品です。

外寸は、左:3mm×52mm×107mm、右:5.5mm×52mm×107mm。

3次元CADデータから加工プログラムを作成し、3軸マシニングセンターにて、PPS樹脂の板材を表裏2面で切削加工しました。

右部品にある76個の突起部が、左部品の穴部に入る構造になっていて、左右を組み合わせて1セットで使用されます。

切削により薄く細くなってしまう部分があるため、欠けや割れに注意しての削り出し加工でした。

(※これまで作った3次元製品はこちら → 3次元加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ポリフェニレンサルファイド (フォートロン,テクトロン,ライトン,PPS,Polyphenylenesulfide))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

透明アクリル計器カバー加工品

【透明アクリル計器カバー加工品】
透明アクリル計器カバー加工品
【透明アクリル計器カバー加工品】
透明アクリル計器カバー加工品

透明アクリル計器カバー加工品です。

外寸はφ70×12t。中央凸部は、外側が球SR45.0、内側が球SR43.5。肉厚は1.5mmです。

紙の図面から3次元データを作り、透明アクリル板をマシニングセンターによる切削加工で削り出し、最後の工程で磨き加工による表面処理仕上げを施しました。

NC旋盤でなくマシニングセンターを使用する理由は、旋盤の切削目よりもマシニングセンターの切削目のほうが細かく、最後の仕上げで磨き加工をした際に、より綺麗な透明度が出るためです。

(※これまで作ったアクリル磨き加工製品はこちら → アクリル磨き加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → アクリル樹脂(メタクリル樹脂,PMMA))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

ABS樹脂ケース接着加工品

【ABS樹脂ケース接着加工品】
ABS樹脂ケース接着加工品
【ABS樹脂ケース接着加工品】
ABS樹脂ケース接着加工品

ABS樹脂ケース接着加工品です。

ABS樹脂の板材に穴あけ加工し、ヘリサート(インサート)を挿入し、接着加工して箱形に仕上げました。

穴からはダイヤルやメーターなどが顔を出し、操作ボックスとして使われるようです。

ABS樹脂は接着加工な容易な素材で、このような様々なボックスを作ることができます。

(※これまで作ったABSケース製品はこちら → ABSケース加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ABS樹脂(アクリロニトリルブタジエンスチレン))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

ジュラコン複合旋盤加工品

【ジュラコン複合旋盤加工品】
ジュラコン複合旋盤加工品
【ジュラコン複合旋盤加工品】
ジュラコン複合旋盤加工品

ジュラコン複合旋盤加工品です。

外寸はφ40×37.6mm。

ジュラコン丸棒を旋盤加工で丸く仕上げ、フライス加工で先端にミゾを入れました。

また、横からの雌ネジには、M4ヘリサート(スプリュー、Eサート)が挿入されています。

(※これまで作ったジュラコン製品はこちら → ジュラコン加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ポリアセタール(デルリン,ジュラコン,POM,PA))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

ABS樹脂サンドブラスト加工品

【ABS樹脂サンドブラスト加工品】
ABS樹脂サンドブラスト加工品
【ABS樹脂サンドブラスト加工品】
ABS樹脂サンドブラスト加工品
【ABS樹脂サンドブラスト加工品】
ABS樹脂サンドブラスト加工品

ABS樹脂サンドブラスト加工品です。

外寸は30mm×34mm×150mm。

黒ABS樹脂30tの板材に、中央にR12.25(-0~+0.1)、口元2箇所をR2にて、マシニングセンターで切削加工を行い、そののちにサンドブラスト加工で表面処理をしました。

サンドブラスト加工(Sandblasting)とはショットブラスト加工の一種で、製品表面に小さな粒(砂粒、鉄粒、砥粒、ガラス粒、その他)などの研磨材を吹き付け、表面を梨地やフロストに処理する加工方法のことです。

(※これまで作ったサンドブラスト製品はこちら → サンドブラスト加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ABS樹脂(アクリロニトリルブタジエンスチレン))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

PEEK多穴加工品

【PEEK多穴加工品】
PEEK多穴加工品
【PEEK多穴加工品】
PEEK多穴加工品

PEEK多穴加工品です。

外寸は1.6(0~+0.1)mm×109mm×229mm。

PEEK板材5t(最薄規格サイズ)からフライス両面仕上げにて外形を切削加工仕上げしました。

更に、縦13個×横28個=合計364個のφ4.9(0~+0.01)の多穴あけ加工を行っています。

(※これまで作ったPEEK製品はこちら → PEEK加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ポリエーテルエーテルケトン(PEEK))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

ABS樹脂3D加工品

【ABS樹脂3D加工品】
ABS樹脂3D加工品
【ABS樹脂3D加工品】
ABS樹脂3D加工品
【ABS樹脂3D加工品】
ABS樹脂3D加工品

ABS樹脂3D加工品です。

3次元CADデータを元に、CAMで切削プログラムを作成し、同時5軸マシニングセンターにて削り出しました。

切削加工は裏表の2回に工程を分けるのですが、どのように固定(クランプ)するかがポイントでして、当社のノウハウとも言えます。

ここから更に塗装を施せば、試作品とは思えない仕上がりになると思います。

(※これまで作った3D製品はこちら → 3D加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ABS樹脂(アクリロニトリルブタジエンスチレン))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

透明アクリル板加工品

【透明アクリル板加工品】
透明アクリル板加工品
【透明アクリル板加工品】
透明アクリル板加工品

透明アクリル板加工品です。

外寸は外径φ230×内径φ200×厚さ10t。

一枚のプレートからマシニング加工で削りだし、切削面を磨き仕上げしました。

7個のザグリ穴も開いています。

(※これまで作ったアクリル製品はこちら → アクリル加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → アクリル樹脂(メタクリル樹脂,PMMA))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

ナイロン6ガラス入り3D加工品

【ナイロン6ガラス入り3D加工品】
ナイロン6ガラス入り3D加工品
【ナイロン6ガラス入り3D加工品】
ナイロン6ガラス入り3D加工品

ナイロン6ガラス入り3D加工品です。

外寸は74mm×116mm×378mm。

3次元CADデータを下に、NC加工データを製作し、3軸マシニングセンタで切削加工しました。

大きなナイロン6ブロック(ガラス繊維30%入り)からの掘り出しでしたが、その大半の部分を削りましたので、完成品は薄くて軽い状態でした。

(※これまで作ったナイロン6製品はこちら → ナイロン6加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ナイロン,ポリアミド(Nylon,Polyamide,PA))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

PBT加工品

【PBT加工品】
PBT加工品
【PBT加工品】
PBT加工品

PBT加工品です。

外寸は31.5mm×37mm×90mm。

PBT(ポリブチレンテレフタレート)の板材に、マシニングセンタで切削加工を行っています。

PBTはすぐれた耐疲労性をもち、耐熱性も良く、また耐磨耗性も良好で、自己潤滑性がある樹脂素材です。

(※これまで作ったPBT製品はこちら → PBT加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ポリブチレンテレフタレート(PBT))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

変性ポリフェニレンエーテル加工品

【変性ポリフェニレンエーテル加工品】
変性ポリフェニレンエーテル加工品
【変性ポリフェニレンエーテル加工品】
変性ポリフェニレンエーテル加工品

変性ポリフェニレンエーテル加工品です。

外寸は80mm×85mm×110mm。

元の素材は丸棒φ120で、そこからケースを削り出しています。

母材から比べるとほとんど削ってしまって、仕上がり品はかなり軽くなっていました。切り粉のほうが多かったです。

(※これまで作った変性ポリフェニレンエーテル製品はこちら → 変性ポリフェニレンエーテル加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ポリフェニレンエーテル(ノリル,m-PPE,m-PPO))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

5軸加工品

【5軸加工品】
5軸加工品
【5軸加工品】
5軸加工品

茶布ベークライト(フェノール樹脂)の5軸加工品です。

同時5軸制御可能なマシニングセンターにて、ワンチャックで切削加工しています。

外寸は26mm×95mm×200mm。

写真で見ただけでは5軸加工品に見えませんが、20本の溝内部の形が、同時5軸制御可能なマシニングセンターでないと加工できない3D形状をしています。

同時5軸加工は、通常のX軸,Y軸,Z軸の3軸に加え、A軸(製品を回転させる軸)とB軸(製品を円弧に振る軸)の合計5軸の同時制御ができるため、一般的な3次元形状を超える複雑な3D加工が可能です。

(※これまで作った5軸加工製品はこちら → 5軸加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → フェノール樹脂(ベークライト,PF))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

PEEKマシニング加工品

【PEEKマシニング加工品】
PEEKマシニング加工品
【PEEKマシニング加工品】
PEEKマシニング加工品

PEEKマシニング加工品です。

外寸は12.7mm×60mm×119.5mm。

PEEKの板材をマシニングセンターで切削加工して仕上げています。

中央に見える4本のリブは幅0.5mm×高さ2.6mmなのですが、この部分の削り出しがこの部品の"キモ"でした。

PEEK材(ピーク材)はPolyetheretherketone(ポリエーテルエーテルケトン)という素材の略称で、耐疲労性,耐摩耗性,耐薬品性に優れ、また連続使用温度250度の耐熱性を持ったスーパーエンジニアリングプラスチックです。

(※これまで作ったPEEK製品はこちら → PEEK加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ポリエーテルエーテルケトン(PEEK))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

ABS樹脂ケース3D加工品

【ABS樹脂ケース3D加工品】
ABS樹脂ケース3D加工品
【ABS樹脂ケース3D加工品】
ABS樹脂ケース3D加工品

ABS樹脂ケース3D加工品です。

外寸は、フタが7mm×77mm×125mm、本体が28mm×77mm×125mm。

フタ、本体ともに、ABS樹脂の厚板材料からマシニングセンタで3D形状に削り出しています。

蝶番(兆番、ちょうつがい)の部分もすべて削りだしており、接着加工は一切行なっていません。

(※これまで作った3D製品はこちら → 3D加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ABS樹脂(アクリロニトリルブタジエンスチレン))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

ガラスエポキシ樹脂加工品

【ガラスエポキシ樹脂加工品】
ガラスエポキシ樹脂加工品
【ガラスエポキシ樹脂加工品】
ガラスエポキシ樹脂加工品

ガラスエポキシ樹脂加工品です。外寸は2t×4.0mm×84.0mm。板材から切り出し、外形寸法を仕上げ、ザグリ穴と貫通穴を開けました。

積層板のため、写真に見られるような縞模様が出てきます。ガラスエポキシ樹脂はGFRPとも呼ばれ、接着性、機械的な性質、電気的性質、化学的性質、寸法精度などにすぐれた性質を持っています。

(※これまで作ったガラスエポキシ樹脂製品はこちら → ガラスエポキシ樹脂加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → エポキシ樹脂(ガラスエポキシ樹脂,ガラエポ樹脂,Epoxy Resin))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

5軸加工品

【5軸加工品】
5軸加工品
【5軸加工品】
5軸加工品

5軸加工品です。同時5軸制御可能なマシニングセンターでワンチャックで切削加工しました。素材はABS樹脂、透明アクリル、白ポリアセタール(白POM)、黒ポリアセタール(黒POM)、茶紙ベークライト(茶紙フェノール樹脂)、MCナイロン(MC901)、PPS樹脂の7種類。

同時5軸加工は、通常のX軸,Y軸,Z軸の3軸に加え、A軸(製品を回転させる軸)とB軸(製品を円弧に振る軸)の合計5軸の同時制御ができるため、一般的な3次元形状を超える複雑な3D加工が可能です。

(※これまで作った同時5軸製品はこちら → 5軸加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ABS樹脂(アクリロニトリルブタジエンスチレン))
(※詳しい素材情報はこちら → アクリル樹脂(メタクリル樹脂,PMMA))
(※詳しい素材情報はこちら → ポリアセタール(デルリン,ジュラコン,POM,PA))
(※詳しい素材情報はこちら → フェノール樹脂(ベークライト,PF))
(※詳しい素材情報はこちら → MCナイロン(MC Nylon))
(※詳しい素材情報はこちら → ポリフェニレンサルファイド (フォートロン,テクトロン,ライトン,PPS,Polyphenylenesulfide))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

PPS切削加工品

【PPS切削加工品】
PPS切削加工品
【PPS切削加工品】
PPS切削加工品

PPS切削加工品です。
外寸は9mm×25.5mm×61.5mm。
PPSの板材料からマシニングセンターで切削加工しています。
PPS(ポリフェニレンサルファイド)は、熱変形温度が260℃と非常に耐熱性が優れ、耐薬品性にすぐれ、剛性も高いスーパーエンジニアリングプラスチック素材です。

(※これまで作ったPPS製品はこちら → PPS加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ポリフェニレンサルファイド (フォートロン,テクトロン,ライトン,PPS,Polyphenylenesulfide))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

MC801加工品

【MC801加工品】
MC801加工品
【MC801加工品】
MC801加工品

MC801加工品です。
外寸は15mm×17mm×82mm。
MC801の板材料から、マシニングセンターにて複数面から削り出しています。
3Dデータ(3次元データ)を元に、CADCAMでプログラミングしています。

(※これまで作ったMC801製品はこちら → MC801加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → MCナイロン(MC Nylon))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

エポキシ樹脂加工品

【エポキシ樹脂加工品】
エポキシ樹脂加工品
【エポキシ樹脂加工品】
エポキシ樹脂加工品

エポキシ樹脂加工品です。
外寸はφ100×0.4t。
ガラスエポキシ樹脂(GFRP)は熱硬化性樹脂の一種で、今回は1mmの板を0.4mmまで薄く削り、そこにφ6.8の丸穴を45個貫通させています。
割れやすい素材なので、ここまで薄いとかなり気を使います。

(※これまで作ったガラスエポキシ樹脂製品はこちら → ガラスエポキシ樹脂加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → エポキシ樹脂(ガラスエポキシ樹脂,ガラエポ樹脂,Epoxy Resin))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

POM切削加工品

【POM切削加工品】
POM切削加工品
【POM切削加工品】
POM切削加工品

POM切削加工品です。
外寸は6t×30mm×36mm。
POM(ポリオキシメチレン、別名ポリアセタール)の板に、表裏の両面からマシニングセンターによる切削加工を行いました。
POMは、耐薬品性にすぐれ、磨耗、摩擦係数が小さく、機械的性質にすぐれたエンジニアリングプラスチックです。

(※これまで作ったPOM製品はこちら → POM加工品)
(※詳しい素材情報はこちら → ポリアセタール(デルリン,ジュラコン,POM,PA))

<樹脂,プラスチック切削加工品をピックアップして掲載!>
プラスチック切削加工の樹脂加工ドットコム-工業部品切削加工専門メーカーの三森製作所

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  

月別アーカイブ

キーワードで探す

最新の切削加工品

  • 2019.11.06.2.jpg
  • 2019.11.06.1.jpg
  • 2018.05.11.3.jpg
  • 2018.05.11.2.jpg
  • 2018.05.11.1.jpg
  • 2016.07.15.2.jpg
  • 2016.07.15.1.jpg
  • 2016.06.24.2.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

フェイスブック:Facebook

Facebookページはじめました!

ツイッター:Twitter

Twitter Updates

     

    Twitterでフォローしてください!

     

    問い合わせ

    電話 0553-33-6927
    Fax 0553-32-1502
    <無料見積り:随時受付中>
    (電話対応 8:20~17:20)
    スタッフ紹介へ
    ☆どうぞお気軽にお問い合わせください☆

    サイト内検索

    営業日カレンダー

    【2020年10月】

    - - - - 1 2 3
    5 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    【2020年11月】

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    【2020年12月】

    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -